イーディオ新掲示板

この掲示板は(有)イーディオが広報活動とお客様へのサービスのため、作成しました。
弊社社員が不適当だと判断した記事は削除いたします。トラックバックについてはあまりにSPAMが多いため、当面の間メールにて受け付けます。
(有)イーディオ技術担当 飯田豊

スレッド全件表示

PCオーディオ2題

  • AEDIO Japan
  • 投稿日:2009/10/28 08:38



まず一つ目の話題はPCマルチアンプの常設・デモ・貸出機のPCを変更したことです。

これでスムースに96KHzのflac(LINN Recordsの高品質flacなど)も再生できるようになりました。

(1) PC
CPU: Pentium Dual-Core E6300 / 2GBメモリ / 250GB HDD / DVDマルチ
(2) OS
Windows XP/HomeとLINUX(Fedora Core11)のデュアルブート
(3) 再生用ハード
デジタルオーディオインターフェイス: 
LINUX/WindowsともにはLynx StudioのAES-16(AES/EBUが入出力それぞれ8本)
D/Aコンバータ:
Lite Audio DAC-AM x 2台
低域用、高域用でAES-16からFIRフィルターを経たデータが供給されます。
アンプ:
左右チャンネルごとにICステレオアンプP-01を1台づつ配して左右独立。
(3) 再生用ソフト
Windows: foobar2000.exe (v.0.83) + チャンネルデバイダープラグイン+ASIO
LINUX/Fedora 11ではイーディオ開発のソフト使用。(WAV再生のみ)

これをデモ用にも使える設定としています。
価格的にはWindowsのみのシステムで40万円くらいの構成となりますが、多分はるかに高価なシステムにも負けない音質に思えます。

マルチアンプですので分解能も優れているうえ、急峻なFIRフィルターのおかげで不要な帯域が入らないので歪も大変低い優れたシステムです。

  • 1.AEDIO Japan
  • 投稿日:2009/10/28 09:19



2つめの話題はWindows PC用のデジタルオーディオインターフェイスです。

中国製というと少し怪しげですが、高級DACを使っている人にも結構手軽に使えると評判です。
中身を見ますとXilinksのチップを積むなどかなり本格的です。

一部では「これだったらCDトランスポートが50万円以上の高級機でないと比較にならないのでは?」との声もあります。

(注)dCSのElgarシリーズではうまくつながらなかったとの報告もありますので接続するDACで実績のないものに関しては貸出でのチェックも承りますので事前に確認してください。

ちなみにMSBテクノロジーのPlatinum DACシリーズとPowerDACシリーズは接続できました。

デジタル出力のみのMonitor-01USDとアナログ出力(ヘッドホンミニプラグ出力+RCAピンx2)が付いているMonitor-01USがあります。

1. Monitor-01USDの主な仕様
PC接続デジタルオーディオ出力インターフェイス
(1) PC接続: USB 2.0
(2) 電源:バスパワー
(3) 対応データ サンプルレート192KHz24ビットまで
(4) 出力端子:RCAピン同軸デジタル、BNC同軸デジタル、光TOSリンク
(5) 附属品: ドライバCD(ASIO/WDMドライバ)、USBケーブル
価格:10,500円(税込送料別)

2. Monitor-01USの主な仕様
PC接続DAC付きヘッドホンアンプ、ライン出力、デジタルオーディオ出力インターフェイス
(1) PC接続: USB 2.0
(2) 電源:バスパワー
(3) 対応データ サンプルレート192KHz24ビットまで
(4) 出力端子:アナログLINE端子(RCAピンxステレオ)、光TOSリンク、ヘッドホン用ミニジャック
(5) 附属品: ドライバCD(ASIO/WDMドライバ)、USBケーブル
予価: 12,600円(2009年10月末)

DACを別に持っている方はMonitor-01USDは即納です。ぜひPCに接続して高級トランスポートにも劣らぬ音質を満喫してください。

また付属のユーティリティーで音量も調整できますのでシンプルにMonitor-01USからパワードスピーカに接続することも可能です。

お問い合わせ、テスト用試聴などはメールで info@aedio.co.jp あてにお願いします。