イーディオ新掲示板

この掲示板は(有)イーディオが広報活動とお客様へのサービスのため、作成しました。
弊社社員が不適当だと判断した記事は削除いたします。トラックバックについてはあまりにSPAMが多いため、当面の間メールにて受け付けます。
(有)イーディオ技術担当 飯田豊

スレッド全件表示

ユニバーサル・メディア・トランスポート発売

  • AEDIO Japan
  • 投稿日:2011/06/09 12:25



MSBテクノロジー社のユニバーサル・メディアトランスポートの取り扱いを始めました。

この機器はOppoデジタルのトランスポートをMSBテクノロジー社がデジタル・オーディオ回路に新しくDSPを開発して追加したものです。

SACDメディアもCDもDVDオーディオ、HDD上のflacファイル、USBメモリ上のデータも全てSPDIFのデジタル出力(AES/EBU,COAX,TOS)が出ます。

192KHz,176.4KHz24bitの再生ができるハイエンドD/Aコンバータなどに接続して再生できるトランスポートです。
SACDは176.4KHz24bitのデータとして再生されます。

詳しくはこちらにデータシートを用意しました。
http://www.aedio.co.jp/catalog/20110609Universal-Media-Transport.pdf

もちろんメーカのお勧めはMSBテクノロジーのPowerDACまたはPlatinum DACとなります。
定価は本体が378,000円で標準デスクトップ電源込みで420,000円です。電源はオプションで最高級のPlatinum DAC-IVと共用できるタイプも用意しました。

ただ今新発売を記念して、192KHzまで再生できるDAC(PowerDAC 定価498,000円)とこのトランスポートのセットで79万8千円。
Platinum DAC-IV標準(定価80万円〜)とのセットは110万円〜、Platinum Signature DAC-IVとのセットは180万円〜です。

まずはメディア対応を完全にしたい方にはこのトランスポート本体、M2TechのDAC Youngに2Lレコーディングの192KHz24bit flacソース22アルバムを収納したUSB HDDのセット定価72万円のものを特別価格63万円のサービス価格で承ります。(2011年8月末まで)

これでメディアでの再生で悩むことはなくなります。
ぜひ一度ハイエンドハイファイハイサンプリング再生にユニバーサル・メディア・トランスポートをご検討ください。