イーディオ新掲示板

この掲示板は(有)イーディオが広報活動とお客様へのサービスのため、作成しました。
弊社社員が不適当だと判断した記事は削除いたします。トラックバックについてはあまりにSPAMが多いため、当面の間メールにて受け付けます。
(有)イーディオ技術担当 飯田豊

スレッド全件表示

いよいよ納入です

  • AEDIO Japan
  • 投稿日:2009/03/14 19:11



昨年から1年がかりで製作していたMangerのW05ドライバーを中域に利用した2way+スーパーツィータのスピーカシステムができました。

いよいよ納入となります。写真ではこんな感じです。
上下が分かれる(タンスのようなつなぎ方になっています)形式のうえ、注文された方の希望であまり圧迫感のない大きさに収まっています。

幅は30cm、高さは50cmがウーファ部、中域、高域部が35cmくらいでトータル85cmくらいの高さとなっています。

注文いただいたお客様は自宅の居間に設置して映像とピュアオーディオの両方を楽しまれる予定です。

測定データからは、35〜30KHzまでほぼフラットでツィータは指向性を改善する意味で追加して『味の素』的な使い方です。

ウーファは外からはわかりませんがisobarik構成、内部に同相で動作するもう1本のウーファを利用して箱全体が小型で低域がしっかり出るように調整しました。

ウーファはAudioTechnology(Skaaning)の23I52を片側2本使用しています。

中域は400Hzから上をManger W05の4Ω型、ツィータは10KHz以上のみ追加しています。

インピーダンスはほぼ4Ω、感度(能率)は90dB SPL @1m/1Wです。
スーパーツィータ的な使い方で10KHz〜40KHzの軸上から外れた位置ではAccutonのC25-6-12(C2-12/6)を使いました。

外観のフィニッシュはピアノ仕上げです。

音質はMangerの純正組み合わせより、少しクリアな音質に仕上がり、ハイエンドらしいすっきり感と同時にMangerの陰影の濃い中高域、他のユニットでは絶対に出ない余韻も楽しめます。

一から私どもで設計・試作・測定を繰り返し、注文した方にも節目で確認していただきました。

お客様のところでもかわいがって貰えると信じています。